花脊の蕎麦

立夏。いつかはと思っていた花脊へ。

花脊の名の由来は、花の都京都の北の背骨に位置するからだとか、花の美しい北山の懐にあるので「花の背」と呼ばれたからだとか、諸説あるようです。

目指すは「洛北花せ屋」さん。雪の多い12月~3月は休業。営業は土・日・祝日のみ。

「ここまで来ていただいて大変申し訳ないですが、麺がなくなってから来られたお客様には帰っていただくこともあります・・・」とのお店の方のお話。

「ここまで来て・・・」と思わず言ってしまいそうになりました。何しろここまで来るのがひと苦労。大原から鞍馬街道に入り登ってきたのですが、場所によっては車のすれ違いが難しい道幅、ヘアピンカーブ、誤って道を外せば転がり落ちそうな坂道が続きます。この先に蕎麦屋さんが本当にあるのかしらと思ったほど。予約しておいてよかった (#^^#)

京都市北部、花脊高原にある旧花背村。かつての若狭街道は鞍馬からこの地を経て小浜に向かいました。四方を山林に囲まれた美しい光景が広がる山里のお蕎麦屋さん。以前は道路を挟んだところにある古民家「花竹庵」で営業されていたのですが、現在ここは休業中。

品書きには、花背そば・山椒おろし・胡麻味そば・山かけそば・味噌そば。あたたかい汁は蕎麦の風味と腰をそこねるということで、どのお蕎麦も冷味の仕上げ。

せっかくなので、花脊そばと胡麻味そばを基本に、山かけそばか味噌そばのどちらかを選ぶそば三昧(甘味つき)を注文(#^^#)

「蕎麦の実」を茹でた蕎麦粥と漬け物をいただきながら蕎麦を待ちます。

極細麺のお蕎麦がいいお味、ここまで来た甲斐がありました。味噌そばは初めて食べましたが、なかなかに美味、次回も外せません。工房で作っている箸置きとひざ掛け用の手ぬぐいはお持ち帰りくださいと嬉しいお土産付きでした。 小知谷阿弥陀寺に途中寄ったので、大原からの登ってきたのですが、帰りは鞍馬寺へ降りる道を選びました。鞍馬寺の辺りは流石連休、混雑していました。静原を通り新緑の寂光院をお参りしてから帰宅。小知谷阿弥陀寺は初めてでしたがよかったです。



月桂冠 大倉記念館

四条から京阪電車に揺られること20分。伏見桃山駅で下車。しばらく歩くと酒蔵の街並みが見え始めます。

伏見は、天然の良水に恵まれた土地。灘の宮水がしっかりした硬水なのに対し、伏見の伏水はまろやかな中硬水。柔らかい水から造られる優しく芳醇なお酒は「女酒」と呼ばれ、灘の「男酒」とはまた違った魅力。思いつくだけでも、黄桜・金鵄正宗・月桂冠・松竹梅・玉乃光・月の桂などなど、飲んでみたい銘酒ばかり。

月桂冠大倉記念館は、寛永14年(1637)、徳川三代将軍徳川家光の時代に創業した「月桂冠」の歴史と明治時代の酒蔵が再現された博物館です。試飲されますかと受付で聞かれ、帰り運転なのでと言うと、それならお家でどうぞとワンカップを2本もいただいて、すっかり嬉しくなってしまいました。
記念館近くの宇治川派流 濠川のほとりは、十石船の船着き場。白壁土蔵の酒蔵が並び、江戸時代の風情溢れる街並みが広がります。

御香宮神社、明治天皇の伏見桃山陵も行きたかったけれど、時間切れ。途中、東寺の桜を見てから帰路につくことにしました。「伏水酒蔵小路」では伏見17蔵のお酒を飲み比べができると伺い、次回は、是非とも一泊で着たいところです。

都をどり  「泰平祈令和花模様」全八景  

「都をどり」に行ってきました。祇園甲部歌舞練場が耐震対策改修中のため南座での開催。改装された南座には、まだ行ったことがなかったのでそれも楽しみ。
令和になってから、コロナ禍のため開催が見合されていたので、令和の御代はじめての「都をどり」ということでした。

「ヨーイヤサー」の掛け声で幕が上がります。祇園甲部の芸妓・舞妓さんたちによる京舞は、四季折々の名所旧跡の景観を再現。爛漫の春、夏、錦秋の秋、深雪の冬、そして再びの春の花見で幕を閉じます。舞台右手に並ぶ長唄の方々、左手に並ぶ囃子の方々も素敵でした。
総をどりの衣装は京友禅と西陣織の匠の手による逸品で、毎年新作を誂えるということです。

公演時間は一時間。公演後、「祇園おめん」でつけ麺をいただき、伏見に向かうことにしました。

知恩院の桜

華頂山知恩院は、法然上人が開山した浄土宗の総本山。三門の桜が美しかったです。佛教大学の新入生祖山参拝の日であったらしく、多くの学生さんで賑わっていました。

京都の本屋さん 恵文社 一乗寺店

京都にお住いのFBFが紹介されていた本屋さん。今日こそはと、銀閣寺からてくてく歩いてやっと到着。
イギリス ガーディアン誌が2010年発表の「世界で一番美しい本屋10」で、唯一選ばれた日本の書店と知り、さもありなんと思う本屋さんでした。

最近、何処の本屋さんに行っても、本の陳列、ラインナップはほとんど同じなのですが、ここはとっても個性的。書籍は、何かしらのテーマのようなもので並べられていて、かといってジャンルがはっきり分けられているようでもなく、読みたいと思っている本を探しにくいと言えば探しにくいのですが、その代わりに、読んでみたいと思える本に偶然出合えそうでワクワク。本好きな人なら、半日は十分に過ごせそうです。
ジョルジュ・バタイユ、澁澤龍彦等の書が並ぶコーナーがあるかと思えば、あちらでは開高健の全集が紐くくりで積まれおり・・・まぁ~店内をうろつきまわるのが楽しい本屋さんなのです。