虹立ちて忽ち君の在る如し 虚子 June, 2018

お手伝いしている仕事の関係で福井県三国・丸岡方面へ。
龍翔館、丸岡城、旧森田銀行等を廻り、昼食は丸岡町谷口屋で「竹田の油揚げ定食」を。
特に旧森田銀行は以前から行きたかったところ。

俳人 森田愛子さんと髙浜虚子のことを少し…

福井県三国港の豪商森田三郎右衛門と芸妓妓田中よしの娘として誕生。東京の実践女子専門学校へ進学。その後、結核のため鎌倉で療養生活に入る。その頃、高浜虚子門下の伊藤柏翠に出会い弟子入りする。高浜虚子は孫弟子森田愛子を大変かわいがり句に詠んでいる。

虹消えて忽ち君の無き如し 虚子
虹立ちて忽ち君の在る如し 虚子

結核のため、1947年(昭和22年)29歳の若さで死去。


龍飛館
明治12年、オランダ人エッセルによってデザインされた木造五階建八角形の小学校「龍翔小学校」の外観を模して復元された博物館。 福井県 三国


丸岡城
戦国時代、1576年、一向一揆の備えとして織田信長の命により柴田勝家が甥の勝豊に築かせた城。現存天守閣では最古の建築様式を持つ平山城。別名、霞ヶ城。
福井県 丸岡

 

末央柳 ビヨウヤナギ

末央柳 ビヨウヤナギ

June 13th, 2018

金糸梅(キンシバイ)と末央柳(ビヨウヤナギ)の見分け方
ビヨウヤナギの雄蕊は花よりも長く、金糸梅の雄蕊はほぼ花弁と同じ長さ。
ビヨウヤナギは花弁と花弁の間にすき間がありますが、金糸梅はほぼすき間がありません。

祇園祭のこと

祇園祭山鉾連合会理事長のお話を聞く機会があった。

八坂神社の例祭である祇園祭は、怨霊を鎮める祇園御霊会が起源で貞観十一年(869年)に始まる。当時の矛は六十六本立てであった。六十六というのは当時の国の数。以来、祇園祭は、数々の災害や事変の中、脈々と受け継がれ現在に至る。
祇園祭の神事に関することは古くから伝わる通り、例年の如くに行い、決して変えることはない。組織・運営等に関することは、時代の変化に対応できるよう改革してきたとのこと。

話しの最後の言葉が印象に残った。
「祇園祭に限らず、祭はその地域の核となるものであり、地域住民が誰に言われるのでもなく自主的に参加するもの。そういったコミュニティが大事。地域が災害にあった時、お祭りがあるところは復興が早いと聞く。それは、自ら考え自ら参加する文化が継承されているからである。地域の歴史と文化が組み合わされた祭の継承が、その地域に深みのあるつながりをもたらしているからであろう。」

June 9th, 2018