黒龍 臥龍棟&酒楽棟

初旅 後半 (#^.^#)
永平寺より九頭竜川沿いに県道17号を進むと、やがて左手に黒龍酒蔵が展開する「ESHIKOTO(エシコト)」の二つの建物が見えはじめます。

一つは「酒樂棟」。「酒樂棟」には、黒龍のお酒を販売する「石田屋 ESHIKOTO店」とレストラン「Apéro & Pâtisserie acoya」が併設されています。

いま一つは、スパークリング日本酒〈ESHIKOTO AWA〉のセラー「臥龍棟」。通常、内部非公開なのですが、今回のツアーでは、特別に見学できるということで、とても楽しみにしていました。

「臥龍棟」は、天井の高さが11メートルもある木造の建屋。厳かな空間が静かに広がります。設計は、日本の西洋建築の礎を築いたイギリス人建築家、ジョサイア・コンドルの曾孫であるサイモン・コンドル氏。
屋内は杉の木の香りが心地よく、壁や床には、笏谷石(しゃくだにいし)が使用されていました。

「酒樂棟」「臥龍棟」には、女優で陶芸家でもある結城美栄子氏によるオブジェがところどころに飾られ、不思議な空間が演出されています。

さて、九頭竜川やその向こうの山なみを見ながらのランチ、冬景色もいいものです。お土産に黒龍の新ブランドのお酒「永 tokoshie」を一本いただき、お得感満載のツアーでした。

胡麻豆腐 團助

精進料理と言えば胡麻豆腐。永平寺にお参りしたあと、團助さんに寄りました。肉や魚を用いない精進料理、胡麻は修行僧達の貴重なタンパク質源。
團助の創業は明治21年。永平寺の修行僧に製法を学び作り始めたのが『團助胡麻豆腐』の始まりだそうです。
白胡麻豆腐と黒胡麻豆腐のセットを購入。温めて食べるのも美味しいですが、そのままでも・・・ ひんやり、つるんとしていて、ついていたお味噌もつけて食べました。美味しかったです。

くずし割烹 ぼんた 福井駅前店

福井市に宿をとるのは何年ぶりのことだろう。1月30日 福井駅東口9時集合のタクシーツアーに、参加することになっていて、冬のことなので前泊したほうがよさそうと、福井駅の近くにホテルをとっておいたのが大正解。福井駅に着いた時は予想以上の積雪で、まもなく、大雪注意報が警報に・・・

井之頭五郎さんの孤独のグルメ気分で駅近くを散策。ほどなく「おたん」という居酒屋さんを発見しましたがすでに満席のため、断念。次に見つけたのがここ「ぽんた」、季節のお刺身、だし巻き、鯖の山椒煮で、一杯いただきました。カウンターに座ったのですが目に前に黒龍酒造の銘酒がならんでいました。一合6,800円、すご~いお値段。

むぎや

敦賀市にある創業180有余年の蕎麦屋さん。けやきの厚い一枚板のテーブルといい、調度品や品書きといい、その風格を感じる佇まい。
ここの蕎麦は、奥越地方産の蕎麦を石臼挽き製粉したものを使った伝統の越前蕎麦。おろし蕎麦にしようか、ざる蕎麦にしようかと迷いましたが、ざるを頼みました。麺はつるりとしていてほどよき固さ。蕎麦湯も美味しかったです。
橋本徹さんが、大阪府知事時代に来られたのか色紙が飾ってありました。

ごえん

遠方より客人があり、小浜の「ごえん」さんで会食。

人気のお店なので、空いてるかなと思いつつ電話をしたら、今週は海も落ち着き、いい魚を仕入れすることができたので楽しんでいただけますよとの返事。ラッキーでした。

さて「ごえん」。牡丹エビの造り、若狭鰈、若狭ぐじ(甘鯛)のから揚げなどなどを肴に、早瀬浦、黒龍、梵、八海山をぼちぼち・・・ 

〆の雑炊をいただくまで、あっと言う間の楽しい三時間でした。

らーめん虹

国道27号をJr西日本三方駅の辺りから小浜市の方へ5分ほど車を走らせるとやがて左手に「らーめん虹」の看板が見えてきます。
蕎麦が大好きなので麺類はもっぱら蕎麦屋さんなのですが、美味しいとの知人の話を聞き、ほんとうに久しぶりに拉麺を食べてみようという気になり、行ってきました。
さて、「こってり虹ラーメン」に、葱のトッピングを追加して注文。豚骨ベースのスープでしたが、後味さっぱりの絶妙なお味でした。美味しかった (#^.^#)

糸切餅 

多賀大社に初詣に行ってきたとお土産にいただきました。

「糸切餅」の赤青三筋の線は蒙古軍の旗印。凡そ七百年前、北条時宗の時代、蒙古王国が日本襲います。幸なことにおりからの台風が日本を救います。里人は蘇った平和へ感謝し、団子に蒙古軍の旗印の赤青三筋の線を書き、此れを弓のつるで切って御神前に供えました。
これが、今に伝わるお多賀さんの糸切餅のはじまりだそうです。

多賀大社
多賀大社は、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)、伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)を祀り、古来より「お多賀さん」の名で親しまれている滋賀県第一の大社。
「古事記」には、この二柱の大神は神代の昔に、初めて夫婦の道を始められ、日本の国土、続いて天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神々をお産みになられたと記されています。
蒙古軍からの戦利品が埋められて居ると云われる船塚が多賀退社の森に、また、蒙古来襲の絵が莚寿堂に陳列されています。

黒龍 Eshikoto

永平寺がある永平寺町は、お酒がお好きな方ならご存知かもしれない黒龍酒造があるところ。
永平寺参拝後、この黒龍酒造さんが展開する「ESHIKOTO」へ行ってきました。到着すると広大な土地に、二つの建物が並び立っています。
一つは、黒龍酒造醸造のスパークリング日本酒「ESHIKOTO AWA」の貯蔵庫、またイベントスペースとしても使われるという臥龍棟。
酒樂棟と名付けられたもう一つの建物には、黒龍ESHIKOTOブランドのお酒と仁左衛門他黒龍酒造の銘酒を試飲してから購入できるショップ、それに「レストランacoya」が併設されています。
せっかくの機会、ランチをスパークリング日本酒「ESHIKOTO AWA」と共にいただきました。
スパーリング日本酒は、獺祭、一ノ蔵、梵、白瀧酒造なども販売していますが、さて楽しみな黒龍酒造の「ESHIKOTO AWA」。
透明感のある爽やかな味わい、美味しゅうございました (#^.^#)